読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOGzeudon

名古屋で働いているWebデザイナーのブログです

"気高く生きよ 戸惑いは切り捨てよ" / 黒木渚「標本箱」

日記

f:id:rokuzeudon:20151209174147j:plain

とっても力強い曲。
聞いていて前向きな気持ちになります。


黒木渚「革命」MV(short ver.) - YouTube

右目には冒険が宿り 左目は未来を見る
剣を振りかざし 百年戦争だって気高く生きよ
右手には情熱を掲げ 左手で君の手を引く
剣を振りかざし 百年戦争だって気高く生きよ

1人で行くには遠すぎた でも裸の足は歩いた

すり減ったって 険しくたって 目指す場所は確かに

痛みが分かると言うなら トドメを刺す気でゆかねば

戸惑いは切り捨てよ

同じアルバムの、「金魚姫」「マトリョーシカ」「テーマ」も好み。
ただ単に明るく前向きに行こう!ではなくて、それぞれの曲にしっかりテーマがあるのがいい。

「金魚姫」…女性を金魚に例えその恋心を歌う。

女は金魚 ゆらりゆられて遊ぶ

あなたすくってくれないか 清らかな私であるうちに

恋愛の歌にしては表現が新鮮。あと、「すくってくれないか」「追ってきて」など受け身な言葉だけど、曲や声から力強い女性像をイメージする。

「マトリョーシカ」…無限に続く人の欲望をマトリョーシカに例え歌う。

開けて開けて開けて開け続けて 最後のひとつにたどり着いた 何も無かったなら、もうそれでいいや どうせ期待もしていないんだし

こちらも表現が新鮮。

探しても探しても、開けても開けても、見える答えは同じものばかり。
自分が欲しいと思うものはなんどやってもでてこない。
それでも、いつかたどり着けると期待している。その答えが、クリアなものや、過激なものであると信じて。半分、もう無理だと諦めている自分もいる。
いずれにせよ、探しているものは永遠に見つかりやしない。そんなメッセージを感じました。

これは、人の恋愛事情が一番わかりやすいか。恋愛に限らずとも、探していることに正解がなく彷徨い続けることはよくある事象だと思うし、共感したところ。

「テーマ」…夜、男を待つ女性がモチーフのよう。

最高過ぎて苦しいね あぁあぁあぁ!

朝になっても消えずにいたら 本物だから留めておくよ 最期の時にも思い出したら 来世に必ず持ってくからさ

曲はすごく勢いがあり、力強い。だから、「最高すぎて苦しいね」という言葉がよく耳に残ります。
「最高」なことが本当に現実なのか、不安と喜びの葛藤の曲でしょうか。

朝になっても消えずにいたら 本物だから留めておくよ 最期の時にも思い出したら 来世に必ず持ってくからさ

多分、男のこと。後ろ向きだけど、やたら男勝りというか力強い言葉選びが面白い。

あと、インタビュー記事も見つけました


【インタビュー】 黒木渚 『標本箱』|HMV ONLINE

それぞれの曲がやはり「女」をテーマにしているとのこと。
他の女性アーティストにはない、(自分の主観だが)男性的な力強い女性の曲。
力強いけど、女性らしさというか、内向きな心情表現が新鮮。

標本箱

標本箱

 

(c) rokuzeudon