読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOGzeudon

名古屋で働いているWebデザイナーのブログです

"信じる力が少し足りてない 最近ようやく気づいたんだ" / レイト「それを愛す」

日記

f:id:rokuzeudon:20151209171602j:plain

「自分が自分でないような」

そう思うことは自分もよくあります。真面目に目の前のことに取り組もうとしてる、でも思うように頭も体も動かない。


それを愛す - レイト 2014.6.8 @新宿ANTIKNOCK - YouTube

ここ2,3年 4,5年 自分が自分でないような

マトモだけど マトモじゃないような おかしな時間を生きてきた

色んな人に ごめんなさいを言わなきゃ でも言いたくない

そんな形で済ましたくない 僕は僕なりの行動を起こす

おかしなマネ やってやろう それが正しいと思えるならば

誰のOKも待たないかも 時と場合によりけりだけど

信じる力が少し足りてない 最近ようやく気づいたんだ

言われたことがわからない。何からやればいいのかわからない。思ってることと違うことを言ってしまう。言われたことを忘れてしまう。

結局つまるところ、自分で考えないで言われたことをただこなそうとして起きている問題な気がしています。

しっかり目的があって、自分で考えて行動をしているのであれば、そうならないような。

本当にすべきことはなんなのか。自分がやるべきことはなんなのか。それが誰のためになるのか。正しいと思ったことを信じて行動しなきゃいけない気がしています。

謙虚な姿は自信の無さ 分かってたようで直せなかった

嫌いな自分と好きな自分 2人の関係 最悪だった

アクセル ブレーキ 同時に踏む 気持ちいいようで気持ち悪い

時間が足りない お金がない 頭が悪い 鈍臭い

劣等感のボリューム下げて やりたいようにやってしまおう

何もしない それが願い 止まる心 動いてるのは世界の方

自分がどうだろうと、時間も周囲の環境の変化も止まりません。

「やらなきゃ」という気持ちを抑えつけてるのは、確かに自分のどこかにある劣等感なのかもしれません。

その劣等感は、どうやって抑えられるのか。

まずは、そのための行動がまず必要。ひとつひとつ片付けなきゃいけない。少しでも、自分の正しいと思ったことを続けること。やりたいようにやってみることが始まりの一歩。

そんなことを考えさせてくれた曲。

君を愛す

君を愛す

 

(c) rokuzeudon