読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOGzeudon

名古屋で働いているWebデザイナーのブログです

"生きなきゃいけないなんて思いながら生きたくない" / レイト「君を愛す」

日記

f:id:rokuzeudon:20151209171602j:plain

2014年もあと僅かです。

自分は何のために、誰のために働いているんだろう、生きているんだろう、と思うこともあり。


レイト - 君を愛す - YouTube

生きなきゃいけないなんて思いながら生きたくない
生きたいと思って生きるんだ 見たい物がまだまだ沢山あるはずだろ?

自分がしたいことも、いちいちメモでもしておかないと忘れてしまいます。あれがほしかったなあ、あそこに行きたかったなあ。ただ、死にたいと思うことはないです。自分のことは好きです。

どんな言葉も君に届かない どんな光も君に射さない

優しい記憶と引き換えにしても 君はゆくのか 君はゆくのか

無力な僕を悲しげに見る その目の奥に悲しみがある

遥かな望みと引き換えにしても 君はゆくのか 君はゆくのか

どんなことをすれば自分は満たされるのだろう。今の環境が本当に不満なのか。

自分はどこに向かいたいのか。案外、今があまりにも満ち足りているのか。

死にたいとは思わなくとも、「生きていたい」と自信をもって思えるのか?何のために?理由もなく?なんとなく。ぼんやりした期待を待つだけしかできません。

1年を振り返ると、自身の力や努力ではなく、周りによって自分が変わることを期待してきました。

でも結局、選ぶのは自分。目の前にあるのはそんな現実です。決断をしないでなあなあのまま居続けることもできるけど、その先にあるものは自分が望むものなのか?いや、望むものがないと、言い切ることすらもできないままです。

なんで僕らは苦しむのだろう 信じるものも分からないまま

微かな希望も見えないまま それでも君に生きて欲しい

僕は祈る 君を許せ 遠くへ逃げてく世界になぜ

誰かのため 自分のため 理由がなくても生きるんだぜ

たとえどんな決断をしようとも、その先にあるものは自分の決断で選んだ道のはず。

その決断に理由があろうとなかろうと、正解も不正解もなくて、ただ唯一ほしいのは、それを認めてくれる人なのかも。 

君を愛す

君を愛す

 

(c) rokuzeudon