読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOGzeudon

名古屋で働いているWebデザイナーのブログです

藍坊主「星のすみか」/ "ハロー、生きること、君の他に、君はできない。"

日記

f:id:rokuzeudon:20151209171909j:plain

最近、huluでタイバニ(TIGER&BUNNY)を26話連続で見ました。

よく話題になってるのは知っていたけど、ちゃんと見るのは初めて。


藍坊主「星のすみか」PV - YouTube

誰もいない、遠い過去に、星たちは砕け、欠片が結ばれ、地球になって、 物質から、なんでなのか、命を創った、僕たちの血は、星屑の液体。

僕が消え、遠い未来で、化石になったら、人は僕に何を見るだろう。 分析して、名を付けて、解読をしても、愛した人は僕しか知らない。

公式サイト:TIGER & BUNNY(タイガー&バニー)

1話見ると続きが気になって、ぶっ通しで見てしまいました。ヒーローたちがかっこいい!

そんで、おっちゃんにーちゃんがイチャイチャしてるもんだから、なるほどいわゆる「腐女子」クラスタにも人気が。。とも思った次第です。

冒頭の藍坊主の曲はタイバニの主題歌(エンディング)です。

タイバニを見る前にも聞いたことがあって、その時はそんなに惹かれなかったけど、アニメと併せて聞くと全然違った印象に感じます。

アニメのモチーフがヒーローで「信じる」ことがテーマであるし、途中からアンドロイドが登場したりするので、世界観とすんごくマッチしている感じがします。

輝き続ける光った星から、輝き続け、光ったあの空から、

僕らは何を感じられるだろう、奇跡は宇宙だけじゃないよ。

輝き続ける光った星から、輝き続け、光ったあの空から、

目を閉じたって、閉じきれないよ、あの星さえ、持てなかった心。

この歌詞では 「信じる」とか「絆」とかはキーワードではないけれど、不思議とそうしたキーワード…アニメとの関連性を連想します。「輝く星」にヒーローの活躍を、「星の輝き」のようにその活躍や人の命も尽きてしまうこと。

でも、星の始まりから繋がってわたしたちが今ここにいるように、そんな輝きもいままでも、これからも続いていくことへの希望までも、連想します。

そこにあるのは、今生きている自分たちにしかわからないような「心」があるから。「心」があるから、互いを信じあい助け合うことだってできる。そんなことを感じた曲です。

星のすみか

星のすみか

 

(c) rokuzeudon