読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOGzeudon

名古屋で働いているWebデザイナーのブログです

MacのYosemiteなら、複数ファイル名を右クリックで簡単に変更できる

日記 Mac

f:id:rokuzeudon:20150810160034j:plain

YosemiteになってからMacのリネーム機能が便利になっています。

なんと変更したい複数ファイルを選択・右クリックして、条件を指定するだけ。右クリックしてみるとこんな感じ。

f:id:rokuzeudon:20150810160635p:plain

リネームの内容も、3種類から選択できます。

テキストを置き換える

f:id:rokuzeudon:20150810161544p:plain

置換(ちかん)機能です。良くも悪くも、拡張子に対しても有効で、「jpeg」を「jpg」に揃えたり、「JPG」のように大・小文字が入り乱れているのを揃えたりできます。

テキストを追加

f:id:rokuzeudon:20150810161552p:plain

「名前の前」か「名前の後」にテキストを一括挿入できます。「名前の後」は、拡張子の前になります。

ECサイト掲載用の商品画像を作った時に、大きいサイズと小さいサイズにそれぞれ「l」や「s」をつける時に重宝しました。

うっかり間違えても、「取り消す」や「テキストを置き換える」で簡単に直せます。

フォーマット(新しくファイル名を設定する)

f:id:rokuzeudon:20150810161558p:plain

選択したファイルの名前を、指定したルールで一括変更します。

3パターンから選べます。

  • 名前とインデックス
  • 名前とカウンタ
  • 名前と日付

「インデックス」は「1」「2」「3」…のような単独の数字、「カウンタ」は「00001」「00002」「00003」…と5桁からなる数字を付与します。

日付は「2015-08-01 16.45.20 午後」のようなタイムスタンプが付与されます。このフォーマット自体は変更できませんが、「 (半角空白)」→「-」や、「-」→「(無し)」などに置き換えることはできます。

「.」→「(空白)」にすると拡張子の前の「.」も消えてしまうので、さらに「jpg」→「.jpg」のような置換作業も必要になります。

BridgeやAutomatorを使わなくて良くなった

知る前は、AdobeのBridgeで同様のことを行っていました。リネームのためだけにBridgeをいちいち開くのは地味にストレスでした。

他に、Mac標準アプリのAutomatorを使う方法もあったみたいですが、自分はつかったことがないです。

ECサイトの運用にはわりと役立つTipsでした。

参考にしたサイト

(c) rokuzeudon