読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOGzeudon

名古屋で働いているWebデザイナーのブログです

TMC小川明生さんの講演(セミナー)に参加して感じたこと

イベント・勉強会レポート

先日、マスメディアンさん主催のセミナーに参加してきました。
AdverTimes(アドタイ)に開催情報が出ていて、無料・先着順ということで即申込。
参加できて良かったです。

イベントについて

TMC小川明生さんによる「長く愛されるデザイン・ロゴを生み出し続ける秘訣」という発表。

小川さんはロゴデザインなど含むVI(ウィジュアルアイデンティティ)の多数の実績をお持ちのアートディレクターさんでございます。

以下は、セミナーの案内ページから抜粋した紹介文。

<主な仕事>

中部国際空港・セントレア・商業エリアのVI計画から開港広報広告、世界こどもサミット、COP10、名古屋開府400年、ESDユネスコ世界会議2014などのシンボルマークからグラフィック展開、松坂屋キャラクターさくらパンダ開発、ソファ専門店「NOYES」のVI計画から広告展開のアートディレクションがある。最近では、港再開発用地「みなとアクルス」ネーミング・VI・サイン計画、豊川再開発「マチニワとよかわ」ネーミング協力・VI・サイン計画、FM愛知「@FM」VI計画、「MASA21」 VI・リニューアルオープンのアートディレクション、愛知県観光局PRロゴ、ユネスコデザイン都市名古屋、全国都市緑化あいちフェア2015などのシンボルマークデザインやその他企業のCI、VI計画から一貫した広告デザインがある。 

今回のセミナーは、なんと無料
ざっくりと以下のような構成でした。

  • 小川さん自己紹介(デザイナーになった理由や直近の仕事など)
  • ロゴ、VIのコンセプトづくり、ビジュアル展開、ブランディング手法の紹介
  • 過去の実績(実例)からみる、ロゴの様々な表現方法
  • NOYESへの提案資料チラ見せ
  • まとめ

時間が限られた中、盛りだくさんの内容でちょっとスピーディでした。
主旨としては、小川さんに生で「ロゴ、VIのコンセプトづくり、ビジュアル展開、ブランディング手法」のお話を聞かせてもらう貴重な機会、という感じだったかと。

学んだこと

会場の風景

印象に残っているところ、かつメモ書き程度でもなんとなく伝えられそうな内容をつらつらと書いていきます。端折っているところ、追いきれなかったところなどもあります。

自分、語彙力もないのですんごくふわっとしてますし、セミナーで小川さんが伝えたかったこととズレたことを書いてしまっているかもしれません。
図も、小川さんのスライドをメモした自分の手書きですので、雑です。

BI、CI、VI

  • BI…ブランドアイデンティティー
  • CI…コーポレートアイデンティティー
  • VI…ヴィジュアルアイデンティティー

BIは、企業理念とほぼ重なります。VIは、BIを軸においた「ベーシックデザイン」「アプリケーションデザイン」の領域を指します。
それらすべてを包括したのがCI…コーポレートアイデンティティーです。
「Communincation」はユーザーと送り手との間のコミュニケーションです。CMや広告を見るとか、製品のパッケージを見る、製品を使って見る、など。

様々な見方・イメージが散乱している企業(サービス)でも、VIを明確にすることで、発信する広告や販促物に一貫性をもたせることができ、品質の高いコミュニケーションをとることができます。

送り手が伝えたい企業イメージと、受け手が受け取るイメージのズレをなくすことも、ブランディングの一つの役割です。

デザインコンセプトをつくる流れ、手法

ロゴのデザインは、「見た目」と「機能」両方が求められます。

「機能」には、「新鮮さ」「一度見たら忘れられない」「懐かしい」などが当てはまります。「語感の良さ」や「聞きやすさ」も一緒に考慮、検討します。

デザインコンセプトを検討する時には、このような図をつくって考えるそうです。
丸の中に、当てはまる要素を入れていき、整理します。最終的に、2単語くらいの分かりやすいキーワードに絞り込みます(スマート×トラディショナルとか…)。

現状、強みとなる競争力と、企業としてはもう取り払いたいマイナスのイメージがあるとします。
ブランディングでは、その負のイメージはバッサリと切り外してしまい、「競争力」と「企業が目指す姿」をミックスさせたイメージをつくります。

この「目指す姿」を考える上では、まず「GrandStory」を考えます。コーポレートメッセージや、ブランドメッセージのようなものです。「目指すべき姿」を、まずは言葉で具現化します。

デザインにおいては、GrandStoryも含めて、BrandConceptとして以下のことを決めます。

  • ブランドの約束
  • Grand Story
  • Message
  • トーン&マナー
  • etc...

次に、「ベーシックデザイン」を決定します。

  • シンボルマーク
  • ロゴタイプ
  • シグネチャー
  • カラー
  • フォント
  • etc...

それから、「アプリケーションデザイン」へと展開していく、という流れです。

  • 事務用品
  • 製品
  • パッケージ
  • サイン
  • 広告・広報
  • ウェブサイト
  • etc...

「サブグラフィック」をロゴなどと一緒に決めておくと、名刺やパッケージなどでもヴィジュアルを統一することができて便利です。

ブランドの領域

デザインでいう「見た目(image)」と「機能(function)」のように、ブランドにも「感性価値」と「機能価値」の両方が求められます。どれだけ「感性価値」が良かったとしても、「機能価値」が伴っていなければどうにもなりません。

ブランドと消費者の間のあらゆるコミュニケーションが、ブランド構築の対象となります。
ブランドの顔であるロゴや製品はもちろん、イベントやカスタマーサポートなど幅広い領域も含まれます。
つまり、ブランド構築においては、デザインの見た目は一部にすぎません。

ブランド側にしかできないこともたくさんあります。

また、ブランド構築のためには、継続して使い続けることが大事です。
そのためには、いつ見ても同じだと思えるデザイン、質の高い永続性のあるデザインが必要です。

その他

  • タイムレスクリエイティブ(永く使ってもらえるクリエイティブ)の重要性
  • VIを決める過程で、クライアントの社員と一緒にグループワーキングすることも大切
  • クライアントとの良好な関係作り

まとめ

VIのデザインをどのように提案してクライアントが受け入れ、コミュニケーション(サブグラフィックまで)へと展開していくのか…その流れを、順序立てて垣間見ることができました。

今回のお話を聞いたからといってすぐにクリエイティブなVIが作れるようになるとは思っていませんが、部分の領域でしかデザインをしたことがない自分には大変刺激的な話で、そういう刺激を得られたのが一番良かったのかなを思います。無料で、短時間でしたし。

ロゴでもWebサイトでも、本来見た目だけ作ってどうこうするものではなく、まずはブランド(企業)の理念や方針などの「軸」が必要で、なるほど可能ならそういうところから取り組みたいなあ、そう仕事もしてみたいなあ、と感じました。

「アイデアを生み出す秘訣」について最後質問がありましたが、いい方法があれば自分も教えて欲しい、自分は普段いいロゴ、逆に変なロゴを見つけた時に、なぜそうしているのかを考えるように意識しているとおっしゃられていました。
自分も、もっといろいろなものにデザイナーとして目を向けていきたいです。
うちの会社にも、グラフィックに強いディレクターさんがいらっしゃるので、機会があれば話をいろいろと聞いてみたいですね。

無理なんでしょうけど、今回のスライド内容…特にNOYESさんへの提案資料、また見られる機会があったら良いなあ。。

関連記事 

blog.rokuzeudon.com

blog.rokuzeudon.com

blog.rokuzeudon.com

(c) rokuzeudon