LOGzeudon

名古屋で働いているWebデザイナーのブログです

「融けるデザイン」はインターネットに関わるデザインを仕事にするなら読んでおくべき

f:id:rokuzeudon:20160408010706j:plain

ついに融けるデザインを読み終わったので感じたことをメモしておきます。もっと早く読んでおけばよかった…。

融けるデザイン ハード×ソフト×ネット時代の新たな設計論

融けるデザイン ハード×ソフト×ネット時代の新たな設計論

 

インターフェイスデザインをテーマに、「ハードとソフトとネットが融け合う時代」でデザイナーやエンジニアが身につけるべきデザイン(設計)論が語られています。
控えめに言ってかなりの良書。「はじめに」の内容から最後まで、ワクワクしながら読み終えました。

全体的な感想

ハードウェア・ソフトウェア・インターネットが融け合う、身体的で体験的なものづくりの時代には、新しい設計論が求められる。 - p008

凄まじい早さで発展してきた情報技術。10年前の私は、スマホがこれほど普及すると想像していなかったでしょう。そしてこれからも同じく、想像もしなかった技術が生活の中に浸透していくはずです。

そんな“今”の時代の情報技術は、以前から何がどのように変わったのか。肌で感じていても言葉で説明するのが難しく、してもモヤモヤと違和感が残りました。
その理由はきっと、変化した時代を「変化する前の時代」の理論や感覚で説明しようとしたからです。インターネットのあり方が大きく変わった今、デスクトップPCしかない時代では表現できない領域があります。
そんな変化を、「自己帰属感」などの概念(キーワード)を用いながら見事に言語化しています。

意識せずとも、インターネットの変化を日常生活の中で直接感じています。だからこそ読んでみて、言葉にできなかったことが言語化されてスッキリ!する気持ちよさがありました。

デザイナーとしても勉強になる話ばかりでした。自分はUIの分野の勉強を始めてから日も浅いのですが、それにしても新鮮に感じることが多くて驚きました。有名な本「誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論」では、内容がいまいち実感がわかなくてなかなか読み進まなかったんですが、この本だと事例が新しいこともありとっつきやすかったです。

本の中で示されていること

  • デザインにおいて、見た目の良さだけでなくユーザーインターフェイスの使いやすさがなぜ重視されるようになったのか。
  • デスクトップPCの頃から、時代(インターネットやコンピュータを取り巻く環境)がどう変わったのか。
  • 「インターフェイスデザイン」「インタラクションデザイン」とは何なのか。
  • これからの「デザイン」に必要なことは何か。…など

たぶんこんな人にもオススメ

  • 何かしらWebに関わる仕事をしている、または興味がある
  • UX、UI、IoT、人間中心設計などのキーワードに興味がある
  • スマホやパソコンなどインターネットを取り巻く環境の変遷や将来を考えたい

個人的に印象に残ったこと

印象に残ったことがいろいろありすぎて、どれをどこまで挙げたらいいのか答えが出ず…。

特に重要なキーワード「自己帰属感」や「道具の透明性」については、Webマガジンの5ページにわたる記事の中で著者がふれているので、ぜひ読んでみてください。

iPhoneはなぜ気持ちがよいのか? (1/5) | Telescope Magazine

インターフェイスの話の本筋とは外れますし基本的な考え方かもしれませんが、なるほどなと思った話はこちら。

UX(ユーザー体験)を3つのレイヤに分ける

UX(ユーザー体験)というキーワードの定義は、テーマ、文脈によって揺らぎがちです。
例えばあるプロダクトの「UX」を語るとき、ユーザーが魅力を感じるタイミング(トリガー)は、そのブランド自身が持つ価値や、「日本人」など地域・文化によるもの、使っていて心地良いかどうか、など様々です。議論では、「UX」が指す対象や範囲をはっきりさせる必要があります。

そこで、著者の場合「体験」を3つの設計視点(レイヤ)に分類しているとのこと。

  • 社会レイヤ…価格設定などの経済的合理性や、流通のように人の手に届くまでの社会システム、流行など
  • 文化レイヤ…人間のコンピュータとの向き合い方や活用方法、コンテンツのストーリーなど
  • 現象レイヤ…人間(無意識も含む)の振る舞い。モノやデバイスに触れる(見るなども含む)最中の知覚や身体への親和性など

例えば、マーケティングでは、売上やブランディングといった視点が重要になり社会レイヤでの設計が求められます。
その時、現象レイヤは直接の売上に結びつきにくいため議論の外になりがちです。ただし、その設計ができていないと「使いにくい」と感じてしまい、使うのをやめる理由、次回は買わない理由になります。
もし社会レイヤだけ設計が良かった時は、ユーザー(購入者)は購入時の印象と使用感とでギャップを感じ、騙されたかのような印象を持つことさえあります。

自分自身、マーケティングとデザインがいつも混同して語られることに違和感を感じていました。「使いやすい」デザインが、マーケティング的に「売れる」デザインであるとは限らないからです。
それを説明する上でも、ユーザー体験の分類は役立ちます。初めて知った視点だったこともありとても印象に残っています。

ちなみにこの本では「現象レイヤ」「文化レイヤ」での視点に基づいたデザイン論が展開されています。デザインに関する本やイベントでは、多くの場合「社会レイヤ」が重視されていた、という著者の言葉にも共感。

以上です。紙版は品切れで高騰していましたが、最近Kidle版も出たようです。

誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論」も改めて読んでみたくなりました。それからまた「融けるデザイン」を読み返してみたいと思います。

融けるデザイン ハード×ソフト×ネット時代の新たな設計論

融けるデザイン ハード×ソフト×ネット時代の新たな設計論