読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOGzeudon

名古屋で働いているWebデザイナーのブログです

ど素人でも、アプリ「Git-it」を通じてGit/GitHubが使えるようになった話

いろんなイベントに参加する中で、デザイナーもGit使えた方が良いって話が多く、焦りをすこしだけ感じていました。そんな頃に出会った「Git-it」というアプリが最高です。
Twitterでこちらの記事を見て知りました。

qiita.com

これは「Gitの使い方を基礎から覚えるためのアプリ」です。
Mac専用かと思いきや、WindowsやLinuxでも動くとのこと。ちなみに私はMacですが、スムーズに最後まで進められました。

何が最高なのか

  • 日本語対応で、一つひとつの説明が非常に丁寧
  • ターミナルの基本的な操作から始まるので、わりと初心者でもできる
  • ローカルとGitHub(リモート)をつないでの作業はもちろん、フォークしてブランチつくってプルリクするところまで実践できる
  • つまずかなければ1時間くらいでできる
  • 課題達成の演出がおもしろい

Git-it 画面の様子

左のリストが、一つひとつの課題です。達成するごとにチェックマークが付き、次へ進む仕組み。好きなタイミングで前に戻ることもできます。
チェックは、アプリがローカルやGitHubの状態を確認して判定してくれます。つまり、うまくいかない場合でもどのSTEPでつまずいているのかが正確にわかります。

Git-it 画面下部にあるTips(ヒント)

課題ごとに、下部に丁寧な解説とヒントがまとめられているのも親切です。

ちなみに、Git-itを使ってみて一番感動したのはプルリクなど共同作業での操作が体験できることです。一人での独学だと実践する機会がないんですね…。
Gitに関して、以前イベントにてハンズオンで体験したことがありました。ただ、その時はローカルでできること(クローン、ブランチ、コミット、マージ等)を学ぶにとどまっていました。

Repo Robotさん

どうやって体験するのかというと、「Repo Robot」というサンプル(ダミー)のアカウントが用意されていて、彼をコラボレーターに追加して模擬的に共同作業をするわけです。画期的!

GitHub画面上の、中間サプライズ

中間STEPでちょっとしたサプライズが。Repo Robotさんが何かつくってくれます。

最後にアクセスするとサプライズがあるページ

最後にもご褒美があります。ぜひご自身の目で確かめてみてください!

得られたこと

学んだことを生かして、このブログのCSS(less)や作ったはてなブログテーマをGitHubにてPublicで管理しています。
過去の変更履歴が簡単に参照できるのが便利ですし、Comit・PushすればするほどContributeの表が緑化されていくのが楽しいです。

まだ誰かと共同作業をしたことがないのですが、今後取り組めたらいいな…??私のアカウントはこちらです。

GitHub.com

おまけ

ターミナルについて

Git-itを使うまでは、ターミナルをほとんど触ることがありませんでした。Git使うために操作してるうちに、だいぶ抵抗が薄れてきました。

「⌘ + スペース」(以前のOSだとCtrl + スペース)でSpotlight検索を開き、「ter」と打つと候補に出るのでreturnするとすばやく起動できます。

プロジェクト「patchwork」について

検索して見つけたこちらの記事で知ったんですが、Git-itは、Git初心者(非エンジニアももちろん含む)向けのイベントで使われるアプリみたいです。

Patchwork というのは GitHub が主催しているコミュニティイベントで、Git/GitHub を使ってみたいすべての人にむけてオープンになっています。参加資格は Git 初心者であること、だけで、職業は問うていません。イベントではオープンソースとは何か、誰でも開発に参加できること、などを理解していただいた後、Git-it を使って実際に Git と GitHub およびバージョン管理という概念や、他人とのコラボレーションの仕方について学んでいただくようになっています。

Git-it と Patchwork - ikeike443のブログ

京都や神戸など各地で開催されているみたいですね。知らなかった…。
近くで開催されるイベントがあれば、そこに参加するのが習得には確実かもしれません。