読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOGzeudon

名古屋で働いているWebデザイナーのブログです

情報が複雑で整理されていないから混乱する|「今日からはじめる情報設計」を読んだ感想

f:id:rokuzeudon:20160605091859j:plain

「今日からはじめる情報設計」を読んでみました。デザインやビジネスにおいて、いわゆる「情報の整理」は欠かせないものです。

達成すべき課題、それを達成するための手法。広い視点と狭い視点。時間軸と評価軸。関わる情報と整理の方法は、無限にあるようにも見えます。
途中で目的がぶれてしまったり、なんのために今の仕事をやっているのか見失うときもあります。
それは結局、情報を整理できていないからなのではないか??と漠然と思っていました。

そんなモヤモヤが解決できたらいいなと思い、わかりやすそうなこの本を選んでみました。

本の概要

本書は、情報と人間からもたらされる混乱を解きほぐして整頓する = センスメイキングするためのプロセスを、段階を追って説明しています。その各ステップは最初から順番に書かれていますが、現実のほとんどのプロジェクトは順番通りに行きません。ですから、自由にあちこち読み飛ばしたり、巻末の用語集から特定の言葉を読み始めても構いません。
- p12 2015年10月21日初版第1刷

本の冒頭にもあるように、情報をセンスメイキングする(解きほぐして整頓する)ためのプロセスを紹介している本です。
その中で、そもそも「情報整理」とは何か、実践で大切なポイントは何なのかが、読みやすい文章で簡潔にまとめられています。

章に分かれていて、それぞれのステップで以下のアドバイスが述べられていると感じました。本の中では、手法も含めてもっと丁寧に説明されています。

  1. 混乱を見極める|混乱とは何か、情報設計とは何か・何ができるのかを踏まえて、混乱の原因となっている情報を見極めよう
  2. 意図を表明する|「なぜ」「何を」「どうやって」という問いに向き合いながら、意図・優先すること(良いの定義)を言葉にして決めよう
  3. 現実を直視する|ユーザー・チャネル・コンテクストに向き合い、道具を活用しながら課題や情報を視覚化しよう
  4. 方向を決める|直視した現実から一歩進み、自分たちがそれに対して何をできるのか?を把握して選ぼう
  5. 距離を測る|「意図」に対して今どの地点にいるのかを把握する指標を決め、達成度を測ろう
  6. 構造で遊ぶ|情報を分類、体系化し、良い部分・悪い部分を突き詰めてさらに整理しよう
  7. 調整に備える|ゴールに近づくにつれて遭遇する新しい課題に向き合い、完成(変化しないもの)を求めず、先延ばしにもせず、プロジェクト達成のため協力しよう

たぶんこんな人にオススメ

  • 情報設計(IA)について学びたいが難しそうだと感じている
  • UXデザインなどで情報設計が必要で、そこで活かせる手法の基礎知識を知りたい
  • デザイナーではないが、ビジネスにおいて課題を整理し解決へ導く普遍的なプロセスを知りたい

たぶんこういう人には合わない

  • 情報設計の基本は知っていてより専門的な知識が欲しい
  • 具体的なビジネスケース(事例)を参考にしたい
  • 手っ取り早く稼ぐ方法を知りたい

感想

よかったところ

前に読んだ「なるほどデザイン」は見た目のデザインプロセスについてわかりやすく伝える本でしたが、この本は対照的に、見えない情報のデザインプロセスをわかりやすく伝えてくれます
情報設計の役割・手法について読みやすく整理されていて、読む前に抱えていたモヤモヤは割とスッキリしました。

情報は通常目に見えるものではないからこそ、課題や意図を明確にした上で必要なプロセスを経て可視化し、みんなで共有しながら設計していく必要があります
やみくもにモノを作らずとも、設計の段階から様々なアプローチで仮説検証を繰り返し、協力してより良いモノづくりができるのです。そのような設計の時間をちゃんと確保した計画を立てるべきです。
本を読んで、改めてそんなことを考える機会になりました。

具体的な情報整理の手法も示されていますが、実際に取り組んでみないとピンとこないと思います。章の終わりにケーススタディ(事例)とワークシートがまとめられているのは親切だと感じました。

印象に残ったところ

今の時点で印象的だったところをいくつかピックアップしました。

ちなみに、訳者の安藤幸央さんは最近オライリーより「UX戦略 ―ユーザー体験から考えるプロダクト作り」を出版されました。監訳者の長谷川敦史さんは、株式会社コンセント…「なるほどデザイン」の筒井さんと関口さんが活躍されている会社の代表でいらっしゃって、わかりやすい内容だったことも頷けます。

情報整理の役割(前書きより)

人やものごとは複雑であり、複雑であること自体は悪いことではありません。世の中には、複雑な相関関係を持った複雑な事柄はいくらでもあります。すべての事柄が、単純なボタン1個を押すだけにすれば良いわけではなく、整理整頓されていることが重要なのです。1冊しかない図書館ではなく、どこに目的の本があるのか見つかれば良いのです。複雑なものも、複雑なまま、わかりやすく整頓されていればいいのです。
- p6

行うとは知ること

知っているだけでは十分ではありません。「多くを知りすぎている」ことで、私たちはぐずぐずと手間取ることもありえます。実際に行うことよりも、知り続けることを優先すると、ある時点から混乱が増してきます。
情報設計を実践するということは、あなたの今現在やっていることをいったん過去に追いやってしまう勇気を示すということです。それは、変化を促す問いかけをし続けるということです。それには、他人に対しての誠実さと信頼が必要です。
- p32

意図は言葉

計画を作るためには、言葉が必要です。アイデアをものごとにするためには、言葉が必要なのです。
たとえば私たちが、持続的でエコなデザインソリューションを作ろうとするとき、私たちはその顧客向けに、分厚くて派手なカタログを使うわけにはいかないでしょう。言葉の選択によって、私たちは自身の選択肢を制限しているのです。
- p38

一人で決めることはたやすい

もしかすると、あなたは一人でプロジェクトに取り組んでいて、あなたが唯一のステークホルダーであり、かつ唯一のユーザーであるかもしれません。
しかし大抵の場合、他の人と協力して、他の人々のために働いている可能性が高いでしょう。その際、一人きりで机の上で体験を示したマップやダイアグラムを作成しても、情報設計を実践しているとは言えません。
早めに全員が関与する体制を作ることが重要です。皆と一緒に目指したゴールに向かって一歩ずつ進んでいくべきです。あらかじめ合意を得ることができない場合は、あとで仕事が増えると想定しておかなければなりません
自分以外の人の視点で世の中に目を向けると、弱点や改良のためのチャンスに気づくことができます。他のステークホルダーに隠し事をせず、プロジェクトの最終段階まで待たずに、早めにユーザーの意見に耳を傾けましょう。
- p156

 

今日からはじめる情報設計 -センスメイキングするための7ステップ

今日からはじめる情報設計 -センスメイキングするための7ステップ

  • 作者: アビー・コバート,長谷川敦士,安藤幸央
  • 出版社/メーカー: ビー・エヌ・エヌ新社
  • 発売日: 2015/10/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 
なるほどデザイン

なるほどデザイン

 
UX戦略 ―ユーザー体験から考えるプロダクト作り

UX戦略 ―ユーザー体験から考えるプロダクト作り

  • 作者: Jaime Levy,安藤幸央,長尾高弘
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2016/05/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る