LOGzeudon

名古屋で働いているWebデザイナーのブログです

Adobe Dimension で重要なマテリアルの役割と、それぞれの違いについて

Adobe Dimension で重要なマテリアルの役割と、それぞれの違いについて

Dimension は、“2Dと3Dアセットのリアルな合成が簡単にできるグラフィックデザイナー向けの3Dツール”だ。 3Dの知識がなくても簡単に扱えるのがとても良い。

f:id:rokuzeudon:20171216194151j:plain

今回は主要な機能の一つ、「マテリアル」で気づいたことを書く。

Dimension におけるマテリアル

オブジェクトに質感を与える要素がマテリアルだ。「メタル」「黒のプラスチック」「ゼラチン」など、80種類ほどあらかじめ用意されている。

とりあえずざっくり分類してみた。

  1. 粗さ
  2. メタリック
  3. 半透明

この3要素が、艶消しメタルプラスチックガラスといった主要な質感のベースになっている。

さらに、次の値や要素が「デニム」「ポリエステル」「錆」「ワックス(ろう)」といったリアルな表現に繋がっている。

  • 表面 カラー/画像
  • 内部 カラー/画像、屈折率、密度
  • 法線画像
  • 発光

実は、シーン(レイヤー)から現在使っているマテリアルを選択すると、プロパティ欄にて様々な値を確認・編集できる。既存のマテリアルを参考にしてオリジナルな質感をつくれる。

実際の見た目

初期のマテリアルをいくつか実際に試してみた。似ていても違うもの、法線や画像の扱い方など、プロパティまで見ると参考になる部分が多い。
※画像が少々粗いのは、私のPCのスペックが低く、小さめのサイズでなんとかレンダリングしているためです…

ガラス系

f:id:rokuzeudon:20171216194627j:plain

  1. ガラス
  2. ガラス(ダメージ)
  3. 曇りガラス
  4. ざらついたガラス

f:id:rokuzeudon:20171216194752j:plain

  1. 黄褐色のガラス
  2. ターコイズのガラス
  3. ヴィトラージュガラス
  4. ラメ
  5. ゼラチン

f:id:rokuzeudon:20171216195825j:plain

「ガラス」と「黄褐色のガラス」。「ガラス」のベースは青っぽいグレーになっている。今回背景がピンク色なので、「黄褐色のガラス」の方が透明なガラスに見える。

f:id:rokuzeudon:20171216200152j:plain

「曇りガラス」と「ざらついたガラス」。光の反射の仕方が全く違う。「ざらついたガラス」は言葉通り表面が粗いが、「曇りガラス」の表面は粗さ0%になっていて、法線画像で質感を表現している…という違いのためだ。

f:id:rokuzeudon:20171216201545j:plain

「氷」と「ガラス(ダメージ)」。小さいと差がないように見えても、拡大すると全然違うことも。

金属(シルバー系)

f:id:rokuzeudon:20171216201154j:plain

  1. メタル
  2. メタル(亜鉛メッキ)
  3. シルバー
  4. シルバー(ダメージ)
  5. アルミ

メタル以外は何らかの画像が表面にのっている。それぞれ「粗さ」とベース画像と法線画像を活用して、それらしい質感を再現しているようだ。

その他

f:id:rokuzeudon:20171216201353j:plain

  1. ワックス
  2. 原油(オイル)
  3. デニム
  4. シマウマ
  5. 枝編み

f:id:rokuzeudon:20171216202748j:plain

  1. 木目(アメリカンチェリー)
  2. 大理石(ゴールド)
  3. ポリエステル
  4. 方眼紙

本当にリアルなものばかり。ちなみに今回の方眼紙は光源の影響で白とびしている。

  • 「原油」サムネイルは真っ黒に見えるが、実は透明
  • 「ワックス」蝋(ろう)。ほんの少しだけ透明
  • 「ヴィトラージュガラス」ステンドグラス。ベース画像自体が濃いので、光源の設定次第で真っ黒になりがち
  • 「光沢紙」テカテカしているわけではない(メタリック 0%)

まとめ

初期のマテリアルも豊富だし、必要があればプロパティを編集して自分のマテリアルをつくることもできる。一通り試しておくと、いざという時のグラフィック表現で役立つかもしれない。

やってみて、マテリアルと同等かそれ以上に光源が重要だと感じた。こちらも気が向いたらまとめたい。

参考

Behanceで、Dimensionを活用したグラフィック作品が多数投稿されている。
Adobe公式のチュートリアル動画もあるのでぜひ。

余談

3DCGでは、「マテリアル」と「テクスチャ」は別物らしい。知らなかった。
3DCGで良く聞く”マテリアル”と”テクスチャ”って何?

「法線」用の画像はPhotoshopでもつくれるらしい。
PhotoshopCC 2015を使い法線Map作成

この記事は Adobe Dimension CC Advent Calendar 2017 の16日目の記事です。