LOGzeudon

名古屋で働いているWebデザイナーのブログです

Atomエディタに新しく結合された Git / GitHub を使ってみた

AtomのGit/GitHub機能を個人的に使ってみた

「Git」と“GitHub”を統合した「Atom」v1.18が正式版に
…ということだったので、早速試してみました。

Githubにpushするまで

表示方法

「control + “("」 Github(preview) タブ を、

Github(preview)タブ

「control + shift + “("」 Git タブを右側に表示 します。

Gitタブ

Github連携

Github(preview) タブは最初はこのような表示。

Visit github.atom.io/login

Visit github.atom.io/login to generate an authentication token. 」 とのことなので、指示通り移動。

github.atom.io 認証画面

認証画面になるので、「Authorize Atom」をクリック。

トークン画面

トークンが発行されますので、コピー。
Atomに戻り、貼り付けてログインします。

ログイン後

ログインできました。プルリクエストなどあればこの欄に表示されるようです。

Git基本操作

プロジェクト内のファイルに変更を加えると、右上「Unstaged Changes」にリストアップされます。

Unstaged Changes

選択すると、diff(差分)が表示されます。

選択状態

また、ステージしたいファイルを選択して「Stage All」(右上の方)をクリック すると、

ステージ後

このように、選択ファイルが「Staged Changes」に移動 します。

コミット用コメント入力

そして、Commit Message 欄にコメントを記入し、 Commit をクリックすると、

コミット後

コミットされて、ステージの欄から非表示になりました。

Github へ push

コミットしたあと、画面右下の矢印の横に数字が出ます 。まだ push していないコミットの数です。
そのあたりをクリックすると、「Fetch」「Pull」「Push」 の選択肢が。

Push中

Push した直後。少し通信時間があります。
完了後、Githubで見ると、たしかに Push されていました。

Github画面

わからなかった

  • プルリクエスト周り(今のところ試せるプロジェクトがない…)
  • Githubにリポジトリ作成する方法(未実装?)

まとめ

Atom内で、簡単にGit/Github操作ができるようになりました。
特にGithub周り(プルリクなど)の機能が強力なのではと思いますが、まだ自分は試せていないのであしからず…。

Githubまで使わずとも、ファイルのバージョン管理がGUIで簡単にできるのは、開発者以外の人にとっても大きなメリットかもしれません。

Today’s release of the GitHub package marks the first step toward realizing its core goal: reduce context switching and increase productivity by bringing core workflow tools directly into your editor.
~ Git and GitHub Integration comes to Atom | Atom Blog

とのことなので、今後のアップデートにも期待しています!

おまけ

Atomでターミナルを使う

パッケージ platformio-ide-terminal を使うと、Atom内にterminalを表示できます。
ショートカットは日本語キーボードで control + shift + “@”

PlatformIO IDE Terminal

プロジェクトフォルダの位置が反映されるため、gulpがすぐ実行できて楽。
今回のGithubリポジトリ設定もこれで行いました。

AtomでGitログを確認する

:gitplus

gitplusというパッケージをインストールして、「Log」機能で表示したものが個人的に好みです。

Gitはまだこれから!という方へ

最近の記事では、こちらに詳しくまとまっている印象です。(はてブめっちゃついてる)

employment.en-japan.com