読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOGzeudon

名古屋で働いているWebデザイナーのブログです

iOS10標準カレンダーアプリのUIについての疑問

デザイン iPhone/iPadアプリ

iOS標準のカレンダーアプリ。
使いやすいと思っていましたが、iOS10にしてから、縦表示の時にクセがあるUIになったと感じています。その辺りの疑問について書いてみます。

横向き表示の場合

横向きのUIはシンプルでわかりやすいです。

「日」「週」「月」「年」の表示があり、切り替えは画面上部のセングメンテッドコントローラーで。

検索アイコンをタップすると、検索ワードの入力欄と共に、「予定一覧」が確認できます。

縦向き表示の場合

ところが縦になると構成まで変化します。

セングメンテッドコントローラーがなくなりました。
また「日」「月」「年」表示はありますが、「週」だけありません。

よく見ると、「日」と「月」で右上にあるアイコンが変化します。

「日」の時は、「予定一覧」表示への切り替えボタンです。
ちなみに検索アイコンをタップしても、縦表示では検索ワード入力欄しか表示されません。「予定一覧」を見ることができるのは「日」表示からだけです。

「月」の時は、「月&日(月表示と日表示を両立)」表示への切り替えボタンです。

また、これらの切り替えボタンは、他の画面へ移動してもON/OFFが維持されます。
例えば上図のように、「予定一覧」から「月」に移動した後、日にちをタップしても「日」にはならず「予定一覧」が表示されます。

f:id:rokuzeudon:20161004031324j:plain

画面遷移を図にしてみました。横画面の設計とは大きく違っています。
「月&日」表示からは「日」「予定一覧」へと移動できないのも特殊。

例えば、「月&日」表示から「予定一覧」表示に切り替えたい場合には3回のタップが必要になります…。

個人的な疑問

縦表示で「予定一覧」を「日」と同じ階層にした意図は?
「検索と一緒の場所なんて初見でわからないから」…という理由なら、横表示も揃えていないのが不自然です。

f:id:rokuzeudon:20161004032908j:plain

上図のように、検索と一緒にしておいた方がまだシンプルなような。

現状のUIでは、慣れの問題もあるにしても、自分が今どの位置にいるのか(前に戻ったらどんな表示になるのか)をよく見失ってしまいました。

もしかして、「予定一覧」は「日」表示の延長(前後の日の予定と併せて確認できる)という位置づけなのでしょうか。
個人的には別物な印象が強いので違和感があります。

画面縦横の違いで、デザインがこうも変わるところに面白さも感じます。
どんな過程でこうなったのか。ぜひいろんな方のご意見も伺ってみたいです。

(c) rokuzeudon