読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOGzeudon

名古屋で働いているWebデザイナーのブログです

【名古屋】誕生60周年記念「ミッフィー展」に行ってきました

日記

f:id:rokuzeudon:20160410131604j:plain

名古屋 松坂屋美術館にて開催されていた「ミッフィー展」に行ってきました

www.miffy60-exhibition.jp

どんな展示だったか

ミッフィー展 看板

2015年4月東京 松屋銀座から始まり、青森・神戸・福岡と各地を転々としている展示です。ちょうど明日(4/10)が名古屋最終日だったので、嫁ちゃんと行ってきました。
帰ってから公式Webサイトを見たんですが、しっかり作ってあってカワイイ。そこから引用した概要はこちら。

オランダの絵本作家でグラフィックデザイナーのディック・ブルーナさんが描く「ミッフィー」(うさこちゃん)は、2015年に誕生60周年をむかえます。「ミッフィー展」では、1955年に初めて描かれたミッフィー(ファースト・ミッフィー)から、初期のとんがり耳、やわらかな丸みが愛らしい現在の姿まで、ミッフィーとブルーナさんの60年を貴重な直筆の原画やスケッチで紹介していきます。

ミッフィー、最初から丸っこいシンプルな姿かとおもいきや、そうではなかったんですね。そんなファーストミッフィーも、展示やグッズなどになると、それはそれでカワイく見えるのがステキでした。

展示の流れ

  1. ブルーナさんについて
  2. ブルーナさんの初期の絵本
  3. ミッフィー誕生
  4. ミッフィーのたいせつなもの
  5. 劇場版ミッフィー&ミッフィーアートパレード紹介

最後の区画以外は撮影禁止でした。
また、日本のクリエイターによるミッフィーアートパレード作品の実物が各所に配置されていました。そちらについては公式サイトで。

www.miffy60-exhibition.jp

展示の様子

劇場版ミッフィーの人形

劇場版ミッフィー どうぶつえんで宝さがし Blu-ray

劇場版ミッフィー どうぶつえんで宝さがし Blu-ray

 

ミッフィー、劇場版があったんですね。
実際の撮影で使ったと思われる人形が展示されていました。

舞台は動物園のようです。

服も人形そのものも、精巧に作られています。

いろんな動物がいて賑やか。

カメさんかわいい。

トリさんもかわいい。

ミッフィーアートパレード紹介

このスペースでは、オランダのクリエイターによる45作品を、パネルで紹介していました。それらはオランダ国内限定公開なんだそう。

ズラッと並ぶパネル。

ぜひ実物を、現地で見てみたいですね。

グッズ

ミッフィー展、グッズにめちゃくちゃ力を入れていました。どれもこれもカワイイ。
嫁ちゃんといくつか購入しました。

図録

かわいかったのでつい買ってしまった…。

シンプルだけど細部に行き届いたつくり。可愛さと素朴感がマッチしてていい感じです。

表紙は箔押しになってて、ミッフィーの部分だけ白のインクがのってつやつやしてます。

扉部分でも金の箔押しになってて、おしゃれ。今回の展示ではパンフレット的なものが見つからなかったので、記念に買って良かったです。

ぬいぐるみ

超かわいいファーストミッフィー。嫁ちゃんがバッグにつけるそうです。

「60 years with miffy」のタグもおしゃれ。

コースター

ファーストじゃない方のミッフィー。照明の影響で色が変ですが、本当はもっとカラフルです。

合板でできてて、しっかりしたつくり。飾って置くのが良さそうです。

ピンバッジ

つけるところもないのについ買ってしまった。

いかにもミッフィー、という感じがしないところが、私には新鮮でクールに感じました。うまく身に着ければ話のネタにもなりそう。

以上です。ゆったりした時間を過ごすことができました。ミッフィーのことをあまり知りませんでしたが、作者のことも含めて、なんだか愛着の湧いてくる展示でした。

(c) rokuzeudon