LOGzeudon

名古屋で働いているWebデザイナーのブログです

一部の記事を別のはてなブログに移すのに canonical タグが役に立った

Frontend Nagoya #0 に参加してきました

実験的に、いくつかの記事を別のブログ(ノウハウのハウノ)に移行しました。結果、つくりたての新しいサイトであるにも関わらず、移行前の時点での検索順位をそれぞれの記事が維持できています。

何をしたか

こちらのサイトを参考に、JavaScriptを利用して次のことを行いました。

beiznotes.org

  • 記事中での「移転しました」表示とリンクの貼り付け
  • 数秒待ってから、リダイレクト
  • はてなが既に設定してしまっている canonical タグ書き換え

ちなみに「はてなブログ」から別の「はてなブログ」への移行です。

なぜ canonical が必要なのか

canonical(正規化)タグとは、Webページが重複している際に、どのページをgoogleにインデックスしてほしいか示すタグです。これは、新サイトがコピーサイトではないことを示すのに有効です。 - ブログ移転時必見!はてなブログ(無料)からリダイレクトをする簡単で効果的な方法!

私も今回、新しいサイトに載せる記事が元サイトの記事のパクリではないと示すために使いました。

どんな記述をしたのか

やりたかったのは「一部の記事の移行」なので、各記事の編集画面にコードを記述。

f:id:rokuzeudon:20170525183602j:plain

<p>移転しました。
<script type="text/javascript" language="javascript">// <![CDATA[
// 新urlの作成
  var domain = "http://www.howknow.link/"; // 新ドメイン
  var path = location.pathname.substr(6).replace(/\//g, ""); // パスの整形
  var url = "http://www.howknow.link/entry/itunes_cd_copy";  // 新URL

 // リンクhtmlの書き出し
  document.write("<a href=\"" + url + "\">" + url + "</a></p>");

 // リダイレクト
  setTimeout("redirect()", 5000); // 5 sec
  function redirect(){
    location.href = url; 
  }
 
  // canonical の書き換え
  var link = document.getElementsByTagName("link")[0];
  link.href = url;
// ]]></script>

こんな感じ。domainとpathいらないですね多分。
ちなみにこの記事です。URLは記事ごとに指定しています。

移行した結果

f:id:rokuzeudon:20170525183933j:plain

実施直後、3/25の時点。まだ当ブログのURLが表示されています。

f:id:rokuzeudon:20170525183944j:plain

4/16時点。新しいブログの表示に切り替わりました。新しいサイトであるにもかかわらず、検索順位は降下していません。

ちなみに、他の記事は2、3日ですんなり切り替わったのに、この記事は3週間くらいかかりました。 クロール要求もしたのに。運ですかね?

まとめ

JavaScriptを利用してのリダイレクト、canonical設定は実際に有効なんだと体感しました。
はてなブログを利用している方も、移転の際はぜひお試しを!