LOGzeudon

名古屋で働いているWebデザイナーのブログです

PhotoshopCC2018 からレイヤーのコピペが楽になって嬉しい

PhotoshopCC2018からコピペ操作がめっちゃ便利になって嬉しい

2017年10月、PhotoshopCCにいろいろな新機能が追加された。内容は次のページにまとまっている。 helpx.adobe.com

中でも「レイヤーをコピー&ペーストできる」ようになったのが個人的に嬉しい。
しかしほとんど話題になっていない。もともと「command + J」などで「レイヤー複製」はできるのだが、その違いがあまり伝わってないのかもしれない。

レイヤー複製との違い

複製後のレイヤー階層が自由に操作できる

私が思うに、大きな違いはレイヤーの順序(位置?)を操れるかどうかだ。
まず、「レイヤー複製」では、複製前のレイヤーの直上に配置する。

f:id:rokuzeudon:20171020082628j:plain

f:id:rokuzeudon:20171020082634j:plain

一方、「レイヤーのコピー&ペースト」では、選択しているレイヤーの直上に配置する。

f:id:rokuzeudon:20171020082707j:plain

f:id:rokuzeudon:20171020082711j:plain

これにより、レイヤー整理がかなり効率よくなる。レイヤー構造が複雑かつ都度整理する必要のあるWebデザインでこそ役立つ。

例えば、ある場所で使ってるボタンを別の部分で使いたくなった時、「レイヤー複製」ではドラッグ操作なりショートカット操作なりでレイヤーの順序を並べ替える必要があるが、構造が複雑であるほど面倒臭い。
「レイヤーのコピー&ペースト」なら、直上に配置したいレイヤーを選択しておくだけでよく、整理に必要な操作が減らせる。

別のファイルからレイヤーを簡単に持ってこれる

「レイヤーのコピー&ペースト」では、別のPSDファイルのレイヤーをコピーし、ペーストすることもできる。
今までこれをやりたい時は、複数データを並べて開き、このようにD&Dで配置していた。(他にも方法はあるが、こうすると選択レイヤーの直上に配置できて便利だった)

f:id:rokuzeudon:20171020082806g:plain

今後はショートカット2発だけでできるので楽だ。

機能の特徴

フォルダ・アートボードごとコピペできる

レイヤーはもとより、フォルダ・アードボードを選択してもそれらをごっそりコピペできる。
ただし「アートボード」だけ配置の仕方が特殊だ。選択中のアートボードのすぐ右に配置するようになっているのだが、別のアードボードが存在しているとその上にかぶさってしまう。

選択範囲の中心にペーストする

長方形選択ツール(M)などで選択範囲指定してからペーストすると、その中心にレイヤーをペースト・配置できる。Photoshopならではの機能だ。

f:id:rokuzeudon:20171020082930g:plain

「同じ位置にペースト」ができる

Illustrator でいう command + F に似た操作もできる。
しかし残念ながら、あくまでファイル内での同じ位置であり、「アートボード内での同じ位置」にペーストすることは現状できないようだ。

気づいた注意点

シェイプマスクのコピー

従来、レイヤーウィンドウにてペンツールなどの状態でシェイプマスクアイコン部分をクリック・コピーするとマスクがコピーできていたが、今回のアップデートからできなくなった。
シェイプマスクのパスをダイレクト選択ツールで選択するなら、従来通りコピー&他のレイヤーにペースト適用ができる。

終わりに

私がWebデザインの仕事に就いて最初に触れたデザインツールは Illustrator であり、転職を機に Photoshop へ乗り換えた。その時に正直一番ネックになったのが、このコピペ機能の有無だ。データが複雑になればなるほど辛かった。
「写真加工」がベースになっている Photoshop では、この機能は実装されないものだと思い込み、諦め、受け入れてきた。それがまさか、こうして突然解消されることになるとは…!!

Photoshop自体の操作性・パフォーマンスも改善されているようで、オブジェクトの操作なども前よりスムーズになっている気がする。そうした快適さはXDに譲っていくものと思い込んでいたが、Photoshopがデザインカンプ作成の中心となる制作フローはまだまだなくならないのかもしれない。