LOGzeudon

名古屋で働いているWebデザイナーのブログです

オンライン中継で見た UI Crunch #11 FinTech 特集 がおもしろかった

オンライン中継で見た UI Crunch #11 FinTech 特集 がおもしろかった

金融業界に革命を起こす、FinTechスタートアップのUIデザイン」というサブタイトルの UI Crunch #11 中継を見ていたけど、だいぶおもしろかった。
動画(前半後半)が公開されてるので、今からでも見れる。

あと、参加された皆さんのグラフィックレコードがわかりやすいしすごい。

最近、今回の FOLIO , CASH , Kyash , polca もだし、他にも VALU , ONE PAY , Payme , paymo , Timebank などなど「お金」にまつわるサービスの話題が多い。何より総じてデザインがイケている
そう感じてたので、今回の UI Crunch はいつも以上に興味があった。

デザインの力

中でも、FOLIO広野さんの発表が圧倒的に良かった。動画だと37分〜57分のところ。ぜひ聞くのをオススメしたい。
他の発表もすばらしいんですけど勢いが違う。徐々にヒートアップしていき途中から完全に半沢直樹になる。

あまりの勢いに自分も、聞こえた言葉をただただ反射ツイットしてしまった。

新しい価値体験を生み出すためには相当の想いや信念があると強い、どころか必要だ!と思えるプレゼンだった。UI Crunchでこういう発表が聞けるとは…!
特に金融の分野は、(偏見だけど)対等な立場を築くのにも、新しい取り組みを提案していくにも生半可な気持ちでは成し遂げられないはず。ステークホルダー、仲間、みんなを巻き込み奮い立たせ、達成へむけて邁進する姿勢そのものがまさに「デザイン」の権化でありデザイナーというかリーダーのあるべき姿なのではないかと感じた。

同じことが自分にできるとは全く思えないが、そこまでシビアじゃないにせよ日頃の業務でもパッションや理念が必要な場面も多いし、都度今回の(ディスプレイ越しの)光景を思い出したい。

デザイナーの役割

他の発表もいろいろな視点や想いが語られていて良かった。Fintech協会桜井さんの話を聞いてみても、FinTechはこれからますますアツそうだし、それに携わるデザイナーの役割も非常に大きそうだ。

また、自分たちのサービスをどのように捉え、言語化し、アプローチしているのかが、皆さん同じ業界ながらそれぞれ違いがあったのがおもしろい。

  • なんかあやしい! → ポジティブな表現をしよう / 手軽にしよう
  • なんかむずかしい! → 複雑を隠そう / そもそもの仕組みを見直そう

そんな違いがまさに「サービスのたたずまい」につながっているのだろう。Kyash矢部さん、CASH河原さん、CAMPFIRE小久保さんの発表ではそうしたプロセス・考え方が特に勉強になった。

最後に

FinTechに興味がなくても、デザインに興味があるならとりあえず動画を見てみてほしい。無料だし。
次回もどんなテーマになるのか楽しみ。どうもありがとうございました。