LOGzeudon

名古屋で働いているWebデザイナーのブログです

Illustratorの曲線ツールと線幅ツールがちょっとしたイラスト作成に役立つ

今日、当ブログ含むSNSアイコンを新しくしました。

f:id:rokuzeudon:20200112070416p:plain
Before / After

いずれもIllustratorを用いて描いたアイコンですが、新しい方はタイトルに挙げた2つのツールのおかげで描くのが簡単でした。

曲線ツール Shift+`

Illustrator CC 2014で実装された機能です。

ペンツール(P) では、最初からスムーズポイントを作成でき、自分で方向線の角度や長さを決めます。一方、曲線ツール は2つポイントを置いた後、その先の3つ目となるポインタまでの間が滑らかになるよう自動で方向線が調整されます。

http://data.rokuzeudon.com/blog/img/illustrator-curvature-and-widthtool1.gif

ペンツールで滑らかな曲線を引くのが苦手な私でも安心。
ちなみに、ダブルクリックすると曲線の流れを一旦リセットして、続きから新しい曲線が描けます。

線幅ツール Shift+W

Illustrator CS5で実装された機能です。線の幅を部分的に太く、または細くできます。

http://data.rokuzeudon.com/blog/img/illustrator-curvature-and-widthtool2.gif

これのおかげで、線画に強弱をつけてアナログチックな表現に仕上げられます。従来同じことをやろうとしたら、ペンツールで面として書き起こさなければならなかったんですね。

描いてみた

実際どう使ってたのか軽く紹介します。

手書きラフを線画に起こす

f:id:rokuzeudon:20200112071802p:plain
線画を調整していく様子

今回はまずイメージを手書きして、それをIllustrator上に配置し、曲線ツールでなぞって調整していきました。不要な線は 消しゴムツール(Shift+E)ダイレクト選択ツール(A) で消し、背面にベタ塗りのシェイプを配置しつつイメージを固めています。

このシェイプはペンツールでざっくり描いてます。線を調整するにあたっては、背面のシェイプは ロック(Command+2) しておくと楽。

線幅を調整する

等幅な線に強弱をつけていきます。線の入りと抜き(先端)を細く、線の中央部を少し太くしてみます。また、線の先端を丸く設定しておきます。

f:id:rokuzeudon:20200112071956p:plain
調整 Before / After

少し強弱つけるだけでだいぶ印象が変わりますね。

最後に、実際に各SNSでどう見えるのかを、スクショを配置してIllustrator上で確認します。

f:id:rokuzeudon:20200112072156p:plain

アイコン単体で見るといい感じでも、実際の画面で小さく表示された時の印象はまた変わります。今回は配色や目など細部の位置・サイズを調整しました(ここが一番時間かかった…)。

線を含むオブジェクトをそのまま拡大縮小すると線幅が変わってしまうので、 線幅と効果を拡大・縮小 にチェックを入れておくか、 分割・拡張 してから試します。

以上です、簡単ですね!ベクターの編集はやはりIllustratorが便利ですので、AdobeCC契約してるけどあまり触ったことはないという方はぜひ試してみてください。